機知に基く成長、それがスマート・グロース。

今世界で最も大きな変化が生じている地域、それは他でもないアジアです。中所得者層の急拡大、消費の活発化など。アジアは「世界の工場」から「消費の中心地」へと短期間に大変貌を遂げました。多くの日本企業もアジア重視の姿勢を打ち出しています。しかし、約15年にもおよぶ成長期を経て、ここ数年その成長スピードに陰りがみえてきました。マーケット自体が成長しているときは企業もその時流に乗り、比較的容易にビジネスを拡大できます(easy growth)。それに対し、成長が頭打ちになったとき、創意工夫を施して成長する(smart growth)のが本当に強い企業で、それを実現するのがスマート・グロース・リーダー(Smart Growth Leader)であると私たちは考えています。

詳細は『スマート・グロース・リーダーの時代:アジアで勝ち抜くために』でご覧いただけます。

Click here for the English version of the white-paper.