酒井 博史 シニア プリンシパル

戦略実現に向けて組織・人の根源的な課題解決に向き合う

略歴

  • JPモルガン(投資銀行本部)、ベイン・アンド・カンパニーを経てコーン・フェリー・ヘイグループに入社
  • 大阪大学工学部卒、大阪大学大学院ビジネスエンジニアリング専攻卒(工学修士、経営学修士)

コーン・フェリー・ヘイグループ入社の理由

大学院卒業後、投資銀行では企業のM&Aやエクイティファイナンスに携わっていました。紙面を賑わす案件へ関与でき、かつ財務や資本市場における多くの知見を学べた一方、より広範な問題解決への関心が高まりました。

そこで、戦略ファームの門戸を叩き、中長期戦略の策定やターンアラウンド、オペレーショナルエクセレンスの追求など様々なテーマの問題解決に邁進しました。

投資銀行でBS(バランスシート)、戦略ファームでPL(損益)に携わるなかで、財務諸表に顕れない組織や人に大きな課題が横たわっていると強く感じるようになったのが、コーン・フェリー・ヘイグループに参画したきっかけです。

弊社に入って最初に大きく感じたのはコンサルティングスタイルの違いです。戦略ファームでは良くも悪くもクライアントに対し提言をする“対峙型”が多い一方、ここではクライアントと一緒に課題解決を目指す“伴走型”が中心となります。解を捻り出すだけでなく、実現に向け合意形成を図ることが極めて大事な領域だという証左かと思います。

故に、コンサルタントの価値の出し方も多様なものとなり、働く場としても有機的で面白いファームとなっています。

現在の仕事

現在の私の仕事は、プロジェクトマネジャーとして、クライアントが抱える課題に対し“解をつくる”ことです。そこではディレクターやメンバーの力をいかにレバレッジしていくかも必要となります。次のマネジャー候補であるメンバーを育てながら、自分自身も次のステージへ向けてチャレンジしていくことが大きなやりがいに繋がっています。

日本企業は、国内市場の縮小やグローバル化の進展のなかで、新たな局面を迎えています。コンサルタントである我々も、これまでの経験を切り売りするだけでなく、クライアントをサポートするために、絶えず変革を続けていくことが不可欠と信じています。

コーン・フェリー・ヘイグループで得られること

組織・人というフィールドで、課題を解き利害関係者をファシリテートしていくという、ビジネスにおいて汎用的なスキルを獲得できます。

そして、コンサルタントに軸足を置くことも、組織・人の専門家に軸足を置くこともできる柔軟性が大きな魅力です。