経営戦略を成功へと導く人材戦略

経営戦略とは、どんなに詳細なものであれ、単なる道案内の地図に過ぎない。そこには進むべき方向、代替ルート、予想所要時間、旅の途上の注目スポットなどは記されているかもしれない。しかし、A地点からB地点までの道のりを実際に進むためには車、つまりは人材が必要だ。それも道端で壊れたりせずに、確実に目的地へと到達する頑強なものが。

車のボンネットを開けてエンジンを調べるように、組織の中味をチェックしてみよう。

  • 必要な時に必要な場所に必要な人材を配置できる体制になっているだろうか?
  • 各指標を達成する可能性について、取締役会は確信を持てているだろうか?
  • ヒューマンリソース部門(HR)は戦略の優先順位を明確に設定しているだろうか?
  • つまり、その人材戦略は経営戦略に整合しているだろうか?

Fortune500企業をはじめとする多くの企業において、人件費はコストの70%にも達する。
企業がこの投資を最大限回収するには、十分に練られた人材戦略が必要だ。そして、ビジネス目標に沿って人材を配置することにより、適格なスキルを持った人材が適切な取り組みを実行し、組織は戦略遂行や業績向上といった果実を手にすることができるようになる。

>レポート(日本語版)をダウンロードする
>レポート(英語版) をダウンロードする