世界的な 人材不足の危機 差し迫った人材不足に備える

フューチャー・オブ・ワーク(仕事の未来)

コーン・フェリーの調査によると、このまま手をつけずに放っておくと、この先世界は人材不足によって、組織拡大や経済成長が妨げられるという結果がでています。

大きな危機が近づいており、世界中の組織や経済が甚大な影響を受ける可能性があります。2030年までに、世界中で高度専門職8520万人相当の労働力が不足し、ドイツと日本を合わせたGDP合計額に相当する8452兆ドルの収益機会が失われると予測されています。

フューチャー・オブ・ワークスに関するコーン・フェリーの最新研究『The Talent Crunch』では、2020年、2025年、2030年の3つの対象期間における、高度専門職・技能職の労働力不足がもたらす20カ国の経済的な影響を明らかにしています。

グローバルビジネスにとって、人材不足がどんな意味を持つか全体像を描き出すため、次に挙げる先進国と開発途上国、計20カ国で人材の需給について分析しました。南・北アメリカ(ブラジル、メキシコ、米国)、欧州・中東・アフリカ(英国、フランス、ドイツ、オランダ、ロシア、サウジアラビア、UAE、南アフリカ)、 アジア太平洋(オーストラリア、日本、中国、香港、インド、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ)

グローバル経済の成長において重要な推進力となる、各国市場の3つの知識集約型産業 [金融・ビジネスサービス、 テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション(TMT)、製造業] における人材の需要と供給について、より詳細にモデル化しました。これら以外の産業についても、人材の需供分析を行なっています。

 

お問い合わせ

お問い合わせ内容を下記フォームにご記入ください。

Representative

Speak to a Rep

Complete the form to speak to a Korn Ferry representative.